たるみ無くして若々しい肌に
頬を触る人

選べる施術も人気の秘訣

注射でたるみやほうれい線を改善できることから、美容整形外科の美容治療が人気です。そのほか、糸を使うリフトアップでは、持続期間が長い点でも評価されています。また、深いほうれい線でも若返りに取り組めるため、メスを使ったフェイスリフトが好評です。

ナース

皮膚を持ち上げ若返り

老化による筋力の低下やヒアルロン酸不足により起きてしまうたるみやほうれい線は、放置していればどんどん進行してしまいます。そんなたるみやほうれい線は美容整形で改善しましょう。施術方法も色々あるのできちんとチェックをして選ぶことをお勧めします。

カウンセリング

美容治療はいくらで出来る

たるみやほうれい線を美容外科で解消するには、一般的に注射、照射、手術といった美容治療が評判の高い内容です。費用相場は数万円からで内容によって変動しますので、自分の理想に沿う施術を細かく吟味する必要があります。

照射法と注入法

ドクター

昨今たるみ治療で話題になっているのが、高周波による熱エネルギーや電気刺激を使って、SMAS筋を直接刺激するスマスアップです。表情筋を活性化させることで、即座にたるみをリフトアップすることができ、ほうれい線の悩みが解消されます。また、高周波による熱エネルギーは、皮下組織の血行やリンパの流れを良くする働きがあり、全身の皮下脂肪を減少させる作用も期待できます。スマスアップの施術は痛みが殆ど無いのも魅力で、ダウンタイムも必要としません。実際の施術に際しては、骨格や筋肉の付き方やたるみの程度等を診察して、治療メニューを決定します。相当リフトアップしても表情が不自然になる心配がなく、目の下のたるみも改善できます。施術後は肌にハリが出てくるのを実感でき、効果も長く持続します。たるみ治療以外にも、専門トレーナーが美容のアドバイスを行なってくれるので、自分らしい美しさを保つことが出来ます。美容外科では自然な仕上がりにこだわっており、時間をかけた丁寧な施術にこだわっています。サーマクールは、高周波を使った美容機器で、皮膚内に照射することで肌を引き締めることが出来ます。治療時の痛みを軽減するよう工夫が施されており、即効性があるのが特徴です。施術前にはカウンセリングにおいて、詳しい説明がなされるので、納得して施術を受けられます。サーマクールの効果は長い持続性があり、アフターケアによりリフトアップ効果が高まってきます。サーマクールと似た原理の治療器として、ウルトラアクセントがあります。超音波と高周波を組み合わせた治療方式で、ピンポイントで脂肪除去できるのが特徴です。たるみやほうれい線の原因となる脂肪細胞を減らすことで、痩身効果が期待できるわけです。腫れや痛みが少なく、気持ちよく受けられると評判です。何よりも、一度の施術で高い効果が得られるので、遠方から通う場合にも嬉しいポイントです。タイタンは赤外線を利用した美容機器で、皮膚内の水分を加熱することで、組織の収縮や再生を促します。引き締め効果に加えて、肌のキメやハリを改善する効果も期待でき、ニキビ跡治療にも用いられています。オーダーメイドの治療を目指しているクリニックで実施されることが多く、患者の症状に応じて様々な治療メニューを用意しています。タイタンと似た施術タイプがレーザーリフトで、赤外線に加えて高周波も用いています。この施術も肌の組織を増やすことを目的としており、たるみを無くしてほうれい線を解消することが出来ます。レーザーリフトでは、ヒアルロン酸注入と組み合わせて施術されることも多く、肌の引き締め効果と美肌効果が同時に期待できます。注入法だけの場合は、費用が安く済みダウンタイムも殆どありません。但し、効果の持続期間が短いので、約半年ほどで元の状態に戻る傾向があります。その為、効果を維持するには継続して施術を受ける必要があるわけです。一方、レーザーリフトを組み合わせることで、ほうれい線解消効果が何年も続くことになります。1回の施術費用は注入法より高くなりますが、長い目で見ればリーズナブルになると言えます。