医者

選べる施術も人気の秘訣

頬を触る人

誰もが憧れるたるみやほうれい線のない若い顔を目指せることから、美容整形外科でのアンチエイジング治療が人気になっています。各クリニックでは多彩な美容治療が提供されておりますので、選択肢が多いことも支持される理由です。例えば、メスを用いた施術を受けられるのは美容整形外科の大きな特長ですが、殆どのクリニックでは、メスを全く使わないたるみ治療や、ほうれい線治療が行われています。それらの美容治療なら、肌にメスを入れたくない場合でも安心して利用できるため、幅広い方々が美容クリニックに通われているのです。肌を切開せずにほうれい線を改善する美容治療では、ヒアルロン酸注射も定番となっています。これはハリを失ってたるんだ肌にヒアルロン酸を注入して、皮下組織内にプルンとした弾力を与える施術です。ほうれい線やたるみの改善へ手軽に取り組めるうえ、ヒアルロン酸は体に元々ある成分ですから、安全であることでも好評を博しています。この成分は保水力が非常に高いことでも知られており、ヒアルロン酸1グラムに対して、数リットルの水分が保てるともされるほど、優れた保湿効果を持っているのです。また、ほうれい線やたるみは、皮膚内のコラーゲンや脂肪が減ってしまうのも原因ですので、美容整形外科ではその点に着目して、自らの脂肪などを注入するアンチエイジング治療も提供されています。この美容治療では自分の細胞組織を使うため、アレルギー反応がないことでも人気です。さらに、クリニックによりましては本人の血小板に成長因子成分をプラスして、加齢で減った皮下細胞を増産させ、たるみを解消に導く治療もあるなど、様々な治療方法が提案されています。何れの場合も注射だけで良いため、大抵十分から数十分で施術が終わり、包帯が要らないのはもちろん、ダウンタイムが少ないことにも定評があるのです。注射方式の治療だけでも変化を実感できると評判ですが、より長い持続期間を希望される方には、糸でたるみを持ち上げるリフトアップも注目されています。皮膚へ入れる糸は、主に体の中で分解する素材が使われていますが、表面には小さな突起が備わっているタイプもあり、肌を的確に吊り上げられるため、多くのクリニックで採用されているのです。たるみの解消効果に長け、糸を入れた部位ではコラーゲンの生成が促進されるなど、数々のメリットを持つことから、利用者数の多い美容治療になっています。そして、プチ整形では対処できないような、クッキリとした深いほうれい線でも、美容整形外科にはメスを使ったフェイスリフトが用意されていますので、諦める必要はありません。このタイプの美容治療は、表皮だけでなく、筋膜レベルで皮膚を持ち上げるのが特色であり、中でも顔全体を若返らせるトータルフェイスリフトが人気になっています。ほうれい線をはじめ、たれた目尻や下がった口元を引き上げるほか、首のしわやたるみも含めて改善に向かうなど、美容整形外科の本領を発揮するアンチエイジング治療です。殆どの場合メスを使う箇所も髪に隠れる部分ですから、術後の傷跡が目立たずに済むことも評価されています。